冬の日本海・・・海岸には、😢光景が・・・

2020.01.21 Tuesday

0

     2020年1月21日…サンライフ萩では、朝のコーヒーの香りが立ち始めています。サンラフ萩のコーヒーサービスの開始です。100円で飲み放題!好評いただいています。山陰地方の萩は、この冬の時期、北西の風が強く海は、荒れ模様なのが当たり前です。海岸には、北西の風と波によって流れ着いたゴミが沢山あります。その中でも特に目に付くのがプラスチック類のゴミです。

     私たちの生活を便利にしてくれる物ですが、自然界に捨てられると厄介な代物です。いわゆるマイクロプラスチックとなって現在、盛んに環境問題として取り上げられています。…萩市の海岸も例外ではありません!釣り好きの私としては、とても😢です。

    私の地元、大井の海岸にも多くのゴミが打ち上げられています。

     阿武町に向かう手前の浜には、色々なプラスチックゴミが流れ着いています。白く小さな破片となった発泡スチロールは、特に厄介です。地元の海岸が少しでもキレイになればと思い…自分に出来ることは何だろう?釣り師の端くれとして、マイクロプラスチックを少しでも減らしていくことが、これからも趣味の魚釣りを楽しく続けていくことに繋がると信じています。

     プラスチック製品は、自然界では中々分解できません!私たち人間が利便性を追求しすぎた結果が、こんな形になって表れています。発泡スチロールはもちろんのこと、PETボトルのキャップもよく目につきます。

     玉石の海岸では、石と石の間に深く入り込んでいます。石をよけると、いくらでもマイクロプラスチック化したプラスチックが出てきます。

     気が遠くなりそうなほどの量です。私にできることは、限られているのですが…これからも続けていきます!

     ここは、阿武町の海岸です。…言葉を失うほどの漂着ゴミです。漁具やPETボトルなど様々なプラスチックゴミが流れ着いています。この様な大量の漂着したゴミは、地方の小さな自治体では、対処することは、不可能と思われます。小泉環境大臣様…育休取ってる場合じゃないですよ😊

    リーダーシップを発揮されて、この様な身近な環境問題から取り組んでいただけたら幸せます。

     

     私が集めたゴミは、萩市の環境衛生課の皆様が回収して下さいます。…ありがとうございます。これからもよろしくお願いいたします。出来る範囲でコツコツとさせていただきます。

     サンライフ萩では、多くの方が様々な活動をされ来館されます。少しでも多くの方にプラスチックの成れの果ての姿を見ていただき環境問題に関心を持っていただけるとありがたいです。もうすぐ春が近づいてきます。又、海に魚釣りに行ける日を楽しみにしています。…それまでは、少しだけ海岸のゴミを拾わせていただきます…😊

     

    コメント
    コメントする